« 信濃路ポタリング~善光寺編 | トップページ | 信濃路ポタリング~安曇野編(後編) »

信濃路ポタリング~安曇野編(前編)

6時起床で天気予報を見てみると、長野北部で曇りのち雨、降水確率50%でした。どうしようか迷ったのですが、女将さんも昼からなら車で拾って下さると言ってくれた事と雨が降り出す前にJR北アルプス線まで出てれば輪行でどうにでもなると考え出発します。

147_4738

上条なごみ館を出発し西街道から白馬長野有料道路(トンネル)を経由して、大町街道を走ります。この道は地元の人はオリンピック道路の通称で親しまれてます。写真はトンネル手前の犀川の景色です。川沿いというか湖沿いなので結構朝靄が出てます。

大町街道は緩やかなアップダウンがありますが、割りと走りやすいので順調にペダルを回します。走り出して1時間ほどして小川村の千見というバス停留所で休憩していると、雨がかなり降り出してきたので仕方なく雨宿りすることにします。このバス停留所がありがたいことに屋根があって手作りの座布団も置いてあり、トイレまで付いていました。小一時間ほど転寝していると、路面はすっかり濡れていますが雨は止んだようなのでレインジャケットとシューズカバーを付けて出発します。

大町街道を見麻まで来たところで大町街道からヤナバスキー場を通って青木湖へ抜ける権現山と太郎山の間を通る峠越えに入ります。この峠はアプローチが海抜665mでピークが海抜931mなので高低差266mを直線距離で約2.5㎞で登ります。長野県には激坂はたくさんありますが、まだ激坂初心者にはこれくらいで良かったと思います。

147_4743

それでも結構激坂…(滝汗) この頃には雨は完全にあがり

147_4744

晴れ間も見えてきました。着ていたレインジャケットがサウナスーツ状態になってきたので脱ぎます。着替えをしている間や写真を撮ってる間に顔の周りを蚊と虻がブンブン飛び回っていくら手で振り払っても執拗に飛び回るのは閉口しました。

147_4749_2

鬱蒼とした林道を蚊と虻に追い立てられながら登ります。

147_4750

ピークが見えてきました(嬉) ヤナバスキー場のリフトが見えますね。ピークに着くと視界が開けて

147_4754

眼下に青木湖が見えて貸切状態のダウンヒルが待っています。あっという間に下りきって千国街道(塩の道)沿いに安曇野を目指します。青木湖湖畔が海抜826mでゴール地の松本駅付近で海抜587mですので、後は道中基本下り基調なので楽チンモードで走ります。

後編に続く。

※海抜は地図センター電子国土サイトを参考にしています。

|

« 信濃路ポタリング~善光寺編 | トップページ | 信濃路ポタリング~安曇野編(後編) »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

おおーっ、安曇野行ってこられましたか?!

長野から行かれたんですね。

オリンピック道路、前回行ったとき検討し、時間的に断念しましたが地図上ではきつそうですが、軽くこなされたようですね。

私が行ったときは松本~白馬でしたが、気持ちよく走れるのは北から南だと実感しました。

後編が楽しみです。

投稿: tac-phen | 2008年8月17日 (日曜日) 21:41

〉tac-phenさん
オリンピック道路、前回行ったとき検討し、時間的に断念しましたが地図上ではきつそうですが、軽くこなされたようですね。
いえいえ、オリンピック道路は快適コースなんですよ。今回はコースに敢えて峠越えを入れておきたかったので、一部オリンピック道路からは外れてるんですよ。確かに青木湖から大町市街までは重力に助けられるので(笑)気持ちよく走れました。

投稿: motti | 2008年8月17日 (日曜日) 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041541/23037585

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃路ポタリング~安曇野編(前編):

« 信濃路ポタリング~善光寺編 | トップページ | 信濃路ポタリング~安曇野編(後編) »