« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

距離報告

私は、自転車を3台所有している訳ですが、それぞれにサイコンを搭載しています。
中でもBD-1に付けているVDOのCYTEC C15 +は電池の持ちが悪いのでこれまでの走行距離は不明なのですが、以前(春ごろだったか?)に電池を換えてからの距離を基にしたいと思います。

CATEYE ASTRALE8(GIOS PANTO)   Odo 1344㎞
VDO CYTEC C15 +(r&m BD-1)      Odo  626㎞
CATEYE MITY2(無印良品 20インチ)   Odo 3198㎞ 

PANTOと無印良品 20インチは購入当初からの距離と一致しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

十三峠TT

ヒイヒイハアハアゼイゼイ… 酸素をもっと肺に入れたいのに大きく息を吸うことが出来ない。呼吸が苦しくて心臓がばくばくと暴れだし胸から飛び出しそうになる。今一定リズムのもとにくるくると回しているこの足の運動を止めればすぐに楽になるのだが、それはできないのだ。それどころかこのリズムをもっと速く回したいとさえ思う。
ヒイハアゼイ… 苦しい。苦痛で顔が歪む。汗は次から次に溢れ出し滴り落ちて、トップチューブに汗がぽたぽたと滴っているのが見え、更にその下にはアスファルトが見えている。時折自動車が通り過ぎる以外には、PANTOから聞こえる映写機に似たシャカシャカ音と風の音だけが聞こえる。

9月27日(土)に十三峠に行ってきました。前日の仕事が長引いてほぼ徹夜状態で帰宅。本来の予定は千葉県。さん主催の箕面方面登坂ポタだったのですが、集合時間には間に合わない時間にしか起きれなかったのと、夕方に所用があるので、箕面までの往復は、体力的、時間的に無理と判断して欠席させていただきました。しかし、夕方まで時間はあるので、十三峠TTに予定変更しました。

すでに通い慣れた感の住道までの寝屋川沿い、花園までの恩地川沿い、瓢箪山を通って大竹7丁目交差点に到着。今回は思い切って序盤にペースを上げ気味で走ってみましたが、案の定後半のペース維持が辛かったです。私は、パワー型ではないので比較的緩やかな斜度が多い中盤で速度を稼ぐほうがタイムは縮まるかもしれません。体感的には後半にバテた分、前回よりも遅いように感じたのですが、結果自己ベスト更新で25'41でした。

駐車場で休憩してダウンヒルで大阪側に戻ります。半袖、アームカバーでは少し寒かったです。寄り道せずに真っ直ぐ自宅まで戻りました。

Dst   41.9㎞
Max  50.6㎞
Ave  20.6㎞

| | コメント (4) | トラックバック (0)

十三峠報告・ロデオミーティング見学

9月23日(火)祝日

十三峠に行ってきました。これで3度目になりますね。というかここはこれからも定番コースの一つになるという感じです。30分弱もがいて登ったご褒美に見晴らしのいい景色が見れて達成感が得られるのがいいですね。自宅からもそう遠くないのでプチポタ感覚です(もちろん距離だけの話ですが…)

前回、前々回はインナーローのみで登っていたのですが、今回は踏めるところは2速、3速まで使って登りました。後私はダンシングが上手くないのであまり多用しないのですが、減速時間を少なくすることを意識して、シッティングでスピードが落ちる斜度部分はダンシングを使いました。
第一駐車場を過ぎて右回りのヘアピンコーナーが2つあるのに1つだと勘違いして間違ってアタックを早めにかけてしまい、間違いに気付いたときには心が折れそうになりましたが、何とかゴール。タイムは26'57でした。目標の25分には及ばずでしたが、感触は掴めてきました。

今日も奈良側には降りず、大阪側へ戻ります。ロデオミーティングがあると聞いていたので、会場の淀川河川敷の赤川鉄橋付近のテニスコート横で途中参加させていただきました。知っている顔ぶれの方から初めてお会いする方、たくさんの方とお会いできました。同じ自転車好きが集まってワイワイと楽しいひと時を過ごしました。

Dst   80.8㎞
Max  48.0㎞
Ave  19.4㎞

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「第3回 ポタリングの会・神戸ポタ」

いつもお世話になっているビチ・テルミニの「ポタリングの会」第3弾に参加してきました。
PANTOで自走で行く予定だったのですが、BD-1で走ってきました。

昨晩から天気予報は怪しい予報が出され、当日朝も変わりナシ。朝起きて空を見上げてもどんよりして、一気にテンションダウンして二度寝してしまいました。10:30元町集合なのに10:00前の起床… 自宅から空を見るとやや薄日も差してるような… とりあえず慌てて準備を整えて出発です。

京阪からJR環状線経由で三宮駅に着いたのは12:00前でした。メンバーはポートタワー下で合流しました。メンバーは世話人の私だ さん、Tomさん、ka3mo10(仮)さんと私です。

いつものごとくポタリングの詳細は、私だ さんのブログで確認できますので、当ブログでは主観モードで感じたことを中心に書いておきます。

神戸の街を自転車で走るのは今回が初めてだったのですが、自動車では通り過ぎてしまう所や知らない道を走ることが出来たので楽しかったです。

150_5098

150_5099

どんよりした曇り空ですが、自転車仲間と走る楽しさは晴れの日と変わりはないです。

150_5100

151_5103

御影高杉本店では、ケーキをおかわりして2つ頂きました♪ すっかりオーバーカロリーポタですが、雨ですので仕方ありません。阪急御影駅でTomさんとka3mo10(仮)さんとお別れして、輪行の準備中に御影高杉本店に着く前に降り出した雨も止みそうな気配も見せていたので、もう少し走れるかも…な期待が出たもののおとなしく電車には乗ったのですが、車窓の雲の具合を見て少しくらいなら走れるという話になり、武庫之荘で下車、再度自転車を組み立て走り出します。

結局、武庫之荘からは自走で走ることが出来ました。パラパラ雨はあったものの本降りに遭遇しなかったのが救いですね。

生憎の天気でしたが、また晴れた日に一緒に走れるのを楽しみにしています。

Dst   52.1㎞
Max   - ㎞
Ave  16.4㎞

| | コメント (7) | トラックバック (0)

生駒ポタリング

今日は、昼過ぎてからのポタリングへ出発。出発時間が遅かった事とはろーにこにこおんらいんさんのくろんど池の記事を読んで久しぶりに行ってみたいなと思っていたので、行ってきました。

自宅を出発して清滝峠を目指します。清滝橋バス停まで国道の側道より一本北側の清滝川沿いのルートを発見したのでそのルートで登ります。何箇所か(私では)シッティングでは登れない斜度の部分もありますが、排ガスがないので結構快適ルートです。ナビスティックでは、
中野ランプ北交差点付近 13:55
頂上              14:13
と記録されています。18分台ですので激遅ペースですね(汗)

150_5090

くろんど池到着。自転車で訪れたは10年ぶりくらいです。途中のコンビニでもアイスを食べたのですが

150_5092

さらに抹茶&バニラのミックスソフトを頂きました。背景の赤提灯の誘惑もあったのですが(爆)

くろんど池から交野山のダウンヒルに挑戦してみることにします。府道7号線の交野山ルートは、高校時代から原付や自動車では通ったことはありますが、自転車では初チャレンジです。ヒルクライムはいつの日か挑戦することとしてw まずはダウンヒルで様子見です。

150_5094

ここの激坂は、暗峠と変わらないくらいキツイです。暗峠よりは距離は短いですが…
激坂の上に九十九折の峠道なのでペダルを回すことなく、常にロック寸前のブレーキングで下ります。…やはりここのヒルクライムにチャレンジはないですね(汗)

 

Dst   36.2㎞
Max  59.0㎞
Ave  18.8㎞

| | コメント (3) | トラックバック (0)

十三峠チャレンジ

9月14日(日)十三峠にチャレンジしてきました。

実は、前日にもチャレンジしたのですが、10分ほど登ったところで心拍は乱れるわ吐気はしてくるわで引き返したのでした(泣)

前日の土曜日同様かなりの残暑と戦いつつ大竹7丁目を目指します。前日に寝屋川沿い→恩地川沿い→の快適ルートも開拓しておいたのですんなり到着。

今回は忘れずに手元のGショックにてタイム計測します。途中ダンシングしようとしたらチェーンが外れてしまうトラブルがありましたが、他は足を付くことなく登ることが出来ました。タイムは31:20でした。チェーントラブルがなければ30分切れたでしょうから、当面の目標としては25分台を目指します。

150_5062

1回目は十三峠ピークから奈良側へ下った訳ですが、今日はここで折り返しですので登ってきた峠をダウンヒルです。ブレーキングで腕が上がりそうになりながらあっという間に駆け下ります。後は適度な疲労感を感じながら自宅に戻りました。

Dst  43.4㎞

Max  47.1㎞

Ave  19.7㎞

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

趣味としての自転車の世界

大抵の人がそうなのでしょうが、興味を持ったことからそれが趣味になり、趣味が高じてくるとその道のプロになったり、マニアと呼ばれるほどにまで熱中してしまいますよね。ただ、何でもかんでも興味を持ったからといって、興味ある全ての事にのめり込む訳にはいかないのでしょうが、自ずと優先順位があって自分の趣味に興じている…といったところでしょうか。

私と自転車のお付き合いは、このBLOGの初めにも書いたのですが、ママチャリ以外の趣味の対象となる自転車には10年以上も前に出会っているにも関わらず、深くのめり込むことなく関心が無くなって全く乗らない時期があったりして、ここ最近までは自転車をに対して深入りしてこなかったのです。

以前は、自転車生活とはスポーツ的な感じでストイックにペダルを回すことに喜びを見い出したり、パーツに拘ってカスタムバイクを作り上げるとかという事よりも、
爽やかにゆっくり食べ歩きとか散歩的イメージでのポタリング。
服装はピチピチのピタピタではなく、カジュアルでお洒落な感じでもちろん自転車を降りても不自然じゃない格好。
という路線から外れないように意識していたのですが、
それなりに走っているうちに徐々に走れる距離が伸びてくる。
        ↓
汗をかいたり、風で服がビラビラとなびくのが鬱陶しくなってきて、
        ↓
なるべくピッタリ目のスポーティな服装を選ぶようになる。
        ↓
快適に走れるようになって巡航速度も上がり、走行距離も伸びる。
        ↓
走行距離が伸びるとお尻が痛くなる。
        ↓
レーサパンツを履いてみる。
        ↓
もっと速く走れる自転車に乗りたくなる
        ↓
以前より、楽に速く走れるようになる。
        ↓
ロングライドやレース、ヒルクライムに挑戦したくなる?
        or
複数台の自転車が欲しくなる。
        
というのめり込み方で当初の爽やか路線は何処へ?となってきているのですが、途中の過程でレーパンやヘルメット、ビンディング辺りで壁があるように思いますね。今でこそ、サイクルジャージにレーパン、SPD-SLでどこへ行っても全く平気ですが、当時は少なからず抵抗はありましたしね。一方、壁を越えるとその後の展開も早いような…

今は、すっかり自転車の世界にのめり込みつつありますが、せっかく知った自転車の世界、大切にしたいのとこれからも長く楽しみたいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

十三峠ポタリング

9月6日(日)に「信貴山・朝護孫子寺で張子の虎を、がっちり買いましょう」→「ガンガン登りまくるぜ!サイクリング」に趣旨替えのポタリングに参加してきました。

参加者は、主催者様のyukkyoさんでっくんさんちば県。さん、Tylorさん、私だ さん、さんまさん、私でした。今回は私は遅れての出発でしたのでどのへんで追いつくか心配だったのですが、何とか十三峠のピークを少し超えた辺りで合流することが出来ました。

峠を登るときにタイムを計っていなかったのですが、こないだ買ったナビスティック
にすっかり記録されておりましたので公開しますと

大竹7丁目交差点 13:03:02 88m
ピーク地点     13:38:47 530m

となっていますので、タイムは35:45で標高差は442mとなっています。
体感的にも30分は超えてるな~だったのですが、ナビスティック結構細かくGPSを感知した時間とその位置の高度と速度を記録しています。ルート軌跡も4車線の道路を反対側に渡った軌跡が残ったりしています。

後で記録が見れるのはおもしろいですね。記録を公開できたらもっとおもしろいとおもうのですが、出来るかどうか調べてみる価値がありますね。

150_5058_2

ポタの後、さんまさんと私だ さんと打上げになったのですが、そこから先の記憶が…orz

ブログでの報告はここまでということで… 今回のポタも楽しかったです。皆様ありがとうございました。

Dst  82.7㎞

Max  57.9㎞

Ave  19.0㎞

| | コメント (5) | トラックバック (0)

走りたい!!

8月最後の週末は体調を崩してしまい、まったく自転車には乗れず…

熱もあったので自宅でゴロゴロしていたのですが、暇つぶしにと思って目に付いた自転車雑誌を買ったのですが…

150_5046

真ん中はユルイですが、両脇はハードっすね。けどここのところ一人ロード熱が高くなっているので(汗)眺めるだけ~(爆) ですが、テンションあがっとるんすよねぇ↑

150_5045

こちらは、ネットで購入して今日届いたNavi Stickです。私は基本ポタリングの際、地図を持ち歩かないのでナビゲーションとしての機能ではなくデータロガーとして使えるかなと。値段も手頃な価格ですし♪

今週末もお天気は良くなさそうで… ん~走りに行きたい!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »